京手描友禅工房かわぜんトップページへ

「友禅」と一口でいっても、実は二つの意味がそこにはあるのです。一つめの「友禅」は染め技法のこと。一般に「友禅染」といわれる染色方法で、今から350年ほど前の元禄時代にほぼ今の形にまとめられました。別名を「本糸目染」ともいいます。もう一つの「友禅」は、文様の事をいいます。「友禅文様」などという言葉も耳なじみにあると思いますが、実はこの友禅という言葉は人の名前だったのです。元禄時代、知恩院さんの門前に宮崎友禅齋という扇子絵師が住まいしていたそうです。当時の扇子というと伊達男がその粋を競う流行品だったようで、人気が高い宮崎ら扇子絵師は井原西鶴「好色一代男」にもその名が残るほどですから、さながら現代のカリスマ・イラストレーターのようであったと思われます。さて、この宮崎友禅齋が呉服屋の依頼を受け、扇子ならぬきものに絵を描いたところ、これが京の都で大流行してしまったんだそうです。この友禅齋デザインが「ゆうぜんひいながた」という雛形本になり、後生、「友禅柄、友禅文様」として呼ばれるようになりました。ちなみに、染め技法のことをなぜ友禅染と呼ぶようになったかは、定かではありませんが、友禅齋が活躍したころにちょうど「本糸目染」技法が完成し、糸目のりを使い絵画的な意匠を染めるのに適していたこのを使って友禅文様を染めていたのがきっかけで、染め技法そのものも「友禅染」と呼ばれるようになってしまったといいます。
さて、前置きが長くなりましたが、友禅には「染め技法」と「意匠」の重要な2つの要素があることがおわかりいただけたと思います。この2つの要素は切っても切れない関係にあり、優れた意匠、図案を完成度高く染めるには高い技術力と長年の経験とカン、それに感性が必要になります。生み出された作品はお客様の家で代々受け継がれていきます。いい図案でより良い作品を作るための努力、、、当工房では職人の腕が試される染めの手間暇がかかる難易度の高い意匠にあえて挑戦し、また、本物の友禅技法だけをつかいうことで、代々受け継いでいただける品物に相応しい品質と品格を持った友禅を作ることができるのだと思うのです。



主な経歴
昭和12年 京都市中京区の京組紐や京扇子を商う商家に生まれる。
昭和28年 京都の老舗友禅屋に入門する。
ベネチア映画祭授賞式(黒沢明監督作品・羅生門)に京まち子氏着用の振り袖や、皇太子殿下が初めてお使いになる友禅御布団地制作など多岐にわたる。
昭和43年 手描京友禅師として独立。
平成 6年 通産大臣より京友禅染(手描部門)伝統工芸士に認定される。
平成10年 京都府知事より京都府伝統産業優秀技術者(京の名工)として表彰される。
主な受賞歴
昭和57年 第13回親彩工芸展 京都市染織試験場長賞受賞
昭和60年 きもの日本 ’85 大会賞受賞
昭和61年 きもの日本 ’86 通商産業大臣賞受賞
昭和62年 きもの日本 ’87 京都市長賞受賞
昭和62年 第18回親彩工芸展 京都市染織試験場長賞受賞
昭和63年 第19回親彩工芸展 京都市経済局長賞受賞
平成元年 第20回親彩工芸展 京都市長賞受賞
平成 2年 第21回親彩工芸展 京都府知事賞受賞
平成 3年 第22回親彩工芸展 伝統的工芸品産業振興会賞受賞
平成 4年 第23回親彩工芸展 京都市長賞受賞
平成 5年 第24回親彩工芸展 京都新聞社賞受賞
平成 6年 第25回親彩工芸展 京都市染織試験場長賞受賞
平成 7年 第26回親彩工芸展 京都商工会議所会頭賞受賞
平成10年 第3回京都手描友禅染作品展 伝統的工芸品産業振興会賞受賞



工房所在地
〒602-0924 京都市上京区小川通中立売上ル小川町216-2
TEL(075)451-4570 FAX(075)451-7936
ホーム>工房

工房紹介きものかばん

2007(C)KAWAZEN Co.,Ltd. All rights reserved.